COLUMN for JEWEL

2

 

国内外でアンティークディーラーが「天然ダイヤモンド」と断言していても

実際に専門機関で鑑別してみるとジルコニアだったり人工(合成)ダイヤモンドということも実際あります。

 

ジルコニアやモアッサナイトであれば、それは明らかな間違いですが、あり得るんです。

 

 

 

実際には透明感や息をかけたときの曇り方などで僕らは判別できますが

素人目にはジルコニアでもダイヤモンドと区別はつかないでしょう。

 

 

それよりも、「合成ダイヤモンド」って、そもそもみなさんご存知ですか?

 

 

実は、1950年代半ばまではダイヤモンドといえば「天然ダイヤモンド」しか存在しないのですが、

1953年に実現した「HPHT(高温高圧処理:high-pressure high-temperature)」と「CVD(化学気相蒸着:chemical vapor deposition)」というダイヤモンド合成法によって、人工的に合成ダイヤモンドが作られるようになりました。

 

HPHTは地下深くの高温高圧環境を再現する合成法で、CVDは炭化水素の混合気体による合成法。

 

合成ダイヤモンドの特性は基本的に、地下から掘った天然ダイヤモンドと変わりありません。

 

むしろ人間が管理する環境で生成した人工ダイヤモンドの方が天然ダイヤモンドより硬度も熱伝導性も電気伝導性も優れているぐらいで、人工ダイヤには天然ダイヤのような不純物(インクルージョン)もありません。

 

なので実は「合成ダイヤモンド」も「本物のダイヤモンド」ということで現在、ジュエリー市場にたくさん流通してしまっています。

 

 

それに対して「天然ダイヤモンド」の生成にはとてつもない高温と圧力が必要なんですが、自然界でそんな環境が存在するのは地殻の140~190km下だけ。

生成には10億年から33億年もの年月がかかります。

人間の手に届くダイヤモンドはそのうち、たまたま奇跡的に地質変化や地殻変動の力で地表に押し上げられたモノだけなのです。

 

 

 

そう知ってしまうと、人工より、やっぱり天然モノが良いですよね。

合成ダイヤモンドは1952年以前には存在していないので

アンティークの場合、作られたときから入っていたオリジナルの石なら天然しかあり得ませんが

後から入れ替えられた石が入っている場合があり、その場合に合成が入れられてしまったモノがあり得るのです。

 

 

SOLAKZADEが依頼している専門機関では

天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドの鑑別は100%可能です。

 

 

 

SOLAKZADEでご紹介しているアンティークジュエリーは、

石がついている全てのアイテムに鑑別書を付属しています。

 

ヴィンテージアイウェアはもちろん、アンティークジュエリーを買いに来てくださる方も

ソラックザーデにはたくさんいらっしゃいます。

 

 

ソラックザーデで買って頂いたアンティークジュエリーには無料で鑑別書を付けています。

*ダイヤやルビーなどの石が付いてないものには付きません。

 

 

「鑑別書ってなに?」

「鑑書と鑑書の違いは?」

 

 

実は「鑑書」と「鑑書」は全く違うものです。

 

 

簡単に説明しましょう!

 

 

【鑑別】

 

鑑別とは、その宝石の種類が何かを調べることです。

ここで宝石の比重、屈折率、光学的性質などを専門の鑑別機材を使用して調べます。

 

天然の石、合成の石、模造の石なのかを判別、

また宝石のカット、研磨以外の人的手段(加熱処理など)が加わったかを明らかにする

 

 

 

下の写真は、鑑別書の例です。

このCartierのリング、石はトルマリンです。

 

 

 

一方、鑑定とは・・・

 

 

【鑑定】

 

鑑定書はダイヤモンドのグレードを記すもので、そもそもダイヤモンドのみにしか発行されません。

ルビーとかサファイアには鑑定書は発行されません。

 

 

ダイヤモンドのグレードは”4つのC”から決まります。

 

”4つのC(4C)”、つまり

 

・carat(カラット)・・・重さ。

・color(カラー)・・・・色。黄色味が少なく、無色に近いほどグレードが高い。

・clarity(クラリティー)・・・透明度。内包物がないほどグレードが高い。

・cut(カット)・・・形と仕上げ。カットが優れているほど、よく輝く。

 

この4Cについてのグレードを記載しているものが鑑定書です。

 

 

鑑別ではダイヤモンドが天然の石か模造された石かを判別しても、

そのダイヤモンドのグレードまでは記載されていません。

なのでグレードを調べる際は鑑定を行います。

 

ただし、鑑定を行なうためには、ダイヤモンドをリングなどから外す必要があるので、

アンティークジュエリーのダイヤモンドの鑑定は、ダイヤモンドに精通している人間が自分の眼でおおよその推測をするしかありません。