1900s - 1930s

【スターリングシルバー】

一般にアクセサリーなどのシルバーは、銀と銅の合金です。「スターリングシルバー」は、銀925 : 銅75の割合で、92.5%の銀を含む合金のこと。その純度から「シルバー925」とも呼ばれます。

英国では1920年までの600年以上もの間、銀貨として使用されていました。純度が高い銀の方が柔らかく、傷つきやすいので、注意して取り扱う必要があります。

スターリングシルバーは、適切な熱処理を行うと時効硬化性(時間とともに硬さを増す効果)が、銀合金の中で最も顕著です。そのため、ヨーロッパ貴族の富の象徴であったテーブルウェアや家具調度品に利用されてきました。最近は宝飾品に多く利用されています。

11