1900s - 1930s

1900から1930年代にかけては第一次世界大戦(1914-1918)、第二次世界大戦(1939-1945)の時期。

1923年にノーズパッド(鼻パッド)が発明されます。それ以前はサドルブリッジ(一山)タイプのブリッジしかなかったのが、この発明のおかげでメガネの着用感が飛躍的にアップします。

1929年の世界恐慌の時期に、それまで宝飾業界にいた彫金師がメガネの製造業界に流れ込み、メガネに彫金が入れられるようになります。複雑な彫金が入っていたり、彫金の入っている面数が多いフレームは当時の販売価格も高く設定されていました。

1930年にアメリカンオプティカル社によって、「FUL-VUE(フルビュー)」の商標が登録されます。テンプルの付け根(蝶番の高さ)が真ん中ではなく少し上に位置するという僅かな特徴なのですが、これで視野が広くなり、また、見た目のモダンな表情を作ることにも成功します。当時自動車が普及し始めていたのに合わせて、視野の広い、モダンなルックのフルビューは、当時の最先端なファッションとして爆発的ヒットを記録しました。SHURONやB&L、ART CRAFTなど競合他社もこぞって、AO社にライセンス料を支払ってまでFUL-VUEを刻印してこのデザインを作りました。そしてこのフルビューが1937年に誕生する、RAY-BANのあのアビエイター型へとつながるのです。

14