1970s B&L RAY-BAN [SHOOTER ARISTA/YELLOW 62-9]

1970s B&L RAY-BAN [SHOOTER ARISTA/YELLOW 62-9]

販売価格: 47,000円(税別)

(税込: 50,760円)

数量:
brand: B&L Ray-Ban(ボシュロム・レイバン)
circa: 1970s
country: Made in USA
model: Shooter(シューター)

color
#frame: ARISTA GOLD(アリスタゴールド)
#lens: Light Yellow Green(ライトイエローグリーン)

material
#frame: 24kt GOLD ELECTROPLATED(24金電気メッキ)
#lens: CR39 (UV100% PROTECTION)

size: 62-9
#front: 140mm
#lens: 62mm
#bridge: 9mm
#temple: 155mm

condition: New Old Stock(デッドストック未使用品)

comment
レイバンを代表するモデル、SHOOTER(シューター)。
射撃の時に着用するサングラスとして、第二次世界大戦用に開発されたレイバンから2番目にリリースされた代表的モデル。
他のアビエイターモデルはパイロットが飛行機を操縦する用なのに対して、シューターはライフルを構えたとき用です。そのせいか少しデインジャラスな空気も漂います。

このフレームはソラックザーデがスイスのモントルーという町で当時のスイスのボシュロム代理店から発掘したモノ。その仕入れは2015年の春から夏にかけてでした。1960-80年代のレイバンが1300本もあり、通常なら仕入れが難しいシューターもその中にたくさん入っていました。

このアイテムはテンプル(耳にかけるツル)がケーブル(縄手)仕様ですので、度入りでレンズが重くなっても全くズレてこないのが助かります。ケーブルテンプルに慣れる前に苦手という方がたまにいますが、着け外しの仕方が間違っているせいで面倒に感じられていることがほとんどです。外すときに前に引っ張るのではなく、横に外すとびっくりするくらい簡単に着脱可能です。

ソラックザーデでレンズカラーをカスタマイズ。G15カラー(ダークグリーングレー)のレンズを一番薄いピンクにチェンジしました。
今の気分的にG15カラー(ダークグリーングレー)で着用すると強くなりすぎるので、目が完全に透けるこれくらいの濃さのレンズカラーがベスト。
着用写真のように強烈にイケてるアイウェアに変身するのでソラックザーデがいま男女問わず爆発的にお勧めしているアイテムです。