SOLAKZADE(ソラックザーデ)は2005年に岡本兄弟が立ち上げたジュエラー&オプティシャン。

ヴィンテージアイウェア業界の世界的パイオニア、世界的リーダーとして既に有名ですが、2015年からはアンティークジュエリーの世界的ニュースタイルを作り上げ、ジュエラーとしてその地位を確立しつつあります。

ソラックザーデは東京原宿の表参道沿いゴローズビルの地下と1階に唯一無二のショップを構えています。

紀元前の古代のジュエリーから、中世のアンティークジュエリー、1800年代のジョージアン、ヴィクトリアン、アーツアンドクラフツ、アール・ヌーヴォー、1900年代のアール・デコやエドワーディアン、第二次大戦後のヴィンテージものまで。

ヴィンテージアイウェア(眼鏡・サングラス)は10000本以上のボリュームで常時コレクションされていて、1800年代初頭から1990年代までの各時代の、ヨーロッパ、アメリカ、日本のアイウェアが全てデッドストック未使用。

ソラックザーデのスタッフは皆、光学的な専門家であるオプティシャンとして視力測定と度数の処方をやってくれます。

累進レンズを含む、度入りレンズに対応しており、取り扱う全てのヴィンテージフレームに手仕上げでガラスのレンズを削り入れてくれます。

修理、レストア、鼻盛りなどの技術も世界トップの水準で、ソラックザーデに頼んで修理できないならどこに行っても出来ないほど。

ソラックザーデで買った眼鏡は、たとえ真っ二つに折れても無償で修理してくれるし、半永久的に面倒を見てくれます。

このカタログに掲載されているアイテムは、ソラックザーデが所蔵する膨大なコレクションの中のほんの一部。

値段は店頭でのみお知らせしていて、通販は原則やっていません。

東京都渋谷区渋谷区神宮前4-29-4 goro's Bldg.B1F/1F

03-3478-3345

info@solakzade.com

営業時間14:00-19:00

水曜定休