現代 (20世紀) [<<<<新入荷>>>>]

[1940-50年代 -タンクジュエリー-]

第二次世界大戦(1939-45年)の前後にかけて、フランスとイタリアで流行した「タンクジュエリー」にフォーカスし、戦車(英語で「Tank(タンク)」)のキャタピラをモチーフにしたリングやブレスレットなどを扱います。

「タンクジュエリー」は、大戦のさなかに作られた逆説の美を表現しており、戦車を思わせるボリュームが特徴。
ビンテージジュエリーの世界でも入手することが難しいため、これまで日本ではほぼ紹介されてこなかったこの「タンクジュエリー」を、<ソラックザーデ>独自のネットワークにより南仏ニースやL.A.、サウジアラビアの個人宅から数多く発掘しています。

ソラックザーデはこのタンクジュエリーを、世界最大級の数と質で取り揃えています。

50