1920s FRANCE [ART-DECO-RING 18kt-WHITE-GOLD/DIAMOND]

1920s FRANCE [ART-DECO-RING 18kt-WHITE-GOLD/DIAMOND]
brand: Unsigned
circa: 1915s-20s
country: Made in France

material
#ring: 18kt White Gold
#gem: Diamond & Synthetic Sapphire (合成サファイヤ)

size: 12(Japanese Size / 日本サイズ)

weight: 3.63g

comment
#ダイヤモンド、合成サファイアのアールデコリング。
#スクエアな合成サファイヤはアールデコの特徴。
#当時、天然のルビーやサファイヤをスクエアにカットすることがまだ技術的に難しく、しかし1910年代、1920年代当時に最先端のアールデコ様式のデザインを実現するために、ラウンドカットではなくスクエアカットにするときには、合成ルビーや合成サファイヤがよく使われたのでした。
#合成サファイヤは天然サファイヤと同じ化学組成と結晶構造をもち、色、光沢、硬度、密度、光の屈折率 などの性質も全く同じです。見た目だけを再現した人造石とは異なります。
#サファイアの大元となる、酸化アルミニウム。それが熱で溶けたところに、同じように溶けた鉄とチタンが混じり合い、ゆっくりと冷えると、硬さと美しい青を備えた結晶が生まれます。これを大地が行なうか、全く同じ過程を人の手で行なうかという違いです。
#これを最初に成功させたのがフランス人のベルヌーイ。彼は1904年にベルヌーイ法でまずはルビーの合成に成功しますが、サファイヤの合成はなかなかうまくいきませんでした。そしてさらに3年の試行錯誤を経て、ようやく1907年にサファイヤの合成にも成功します。