1913s W&HL UK [GYPSY-RING 18kt-GOLD/DIAMOND]

1913s W&HL UK [GYPSY-RING 18kt-GOLD/DIAMOND]
circa: 1913s
country: England
assay office: Chester

material
#ring: 18kt Gold
#gem: Diamond

size: 14(Japanese Size / 日本サイズ)

weight: 2.33g

comment
1913年、それはアールデコの流行がちょうど始まった頃。1910年代半ばから30年代にかけて流行したデザイン様式。直線や円など幾何学的な模様が特徴。そのアールデコ様式が真っ先に取り入れられている最先端なデザイン。たとえば1950年代以前のカルティエは、他のジュエラーよりも10年早く、最先端のデザインや技術を採用していましたが、このリングもそういう意味で当時の最先端の作品と言えます。
ハイカラットな18ktゴールドが用いられたジプシーリング。
サンバーストの彫りに、ダイヤモンドが3粒、手作業で彫り留めされています。
短剣を小麦の束3つが囲むマークは、チェスター検質所のシンボル。ここで18ctであることがチェックされてホールマークが押されています。
The Sword surrounded by Wheat is the symbol of Chester Assay Office, which tested and marked this ring.