1874s G.BROS UK [MOURNING-GYPSY-RING 15kt-GOLD/TURQUOISE & PEARL]

1874s G.BROS UK [MOURNING-GYPSY-RING 15kt-GOLD/TURQUOISE & PEARL]
brand: G.BROS
circa: 1874s (Reference Pictures Above / 画像参照)
country: Made in England
assay office: Birmingham (Reference Pictures Above / 画像参照)

material
#ring: 15kt Yellow Gold
#gem: Turquoise & Pearl

size: 7(Japanese Size / 日本サイズ)

weight: 1.72 g

accessories: Gem Identification / 宝石鑑別書(申請中。ご購入時に付属します)

comment
15ktゴールドは英国アンティークの中でも特に古いモノであることを示唆しています。1854-1932年の間に法的に英国ジュエリーのスタンダードとして用いられ、1932年以降は14ktゴールドに取って代わるからです。
また、このリングのデザインの特徴は、使用されている石にあります。ダイヤやエメラルド、ルビーといったプレシャスストーン(貴石)ではなく、ターコイズやパール(真珠)が用いられています。これは1861年から1870年代の英国ジュエリーに見られるデザインの特徴で、モーニングリングとも呼ばれます。この時期のジュエリーには、華美なプレシャスストーンではなく、パールが多く用いられました。
1861年、ヴィクトリア女王の夫であるアルバート公が42歳の若さで亡くなりました。夫婦仲がとても良かったヴィクトリア女王は深く嘆き悲しみ、アルバート公の死後は二度と豪華な衣装を着ることはなく、ヴィクトリア女王自身が亡くなるまでの39年間を黒い喪服で過ごしたと言われ、この時期に作られた英国ジュエリーもその多くがモーニング仕様とされたのです。
実際にデイトマークで調べると、1874年製であることがわかりました。これだけ古いモノにもかかわらず、彫りがしっかりと立体的に残されているのが写真からもご覧いただけると思います。1874年製の15ktモーニング・ジプシーリング。なかなかこんなに良いモノは見つからないですよ。