1903s EK.L UK [GYPSY-RING 18kt-GOLD/DIAMOND]

1903s EK.L UK [GYPSY-RING 18kt-GOLD/DIAMOND]
brand: EK.L
circa: 1903s (Reference Pictures Above / 画像参照)
country: Made in England
assay office: Birmingham (Reference Pictures Above / 画像参照)

material
#ring: 18kt Gold
#gem: Diamond

size: 12(Japanese Size / 日本サイズ)

weight: 1.86g

accessories: Gem Identification / 宝石鑑別書(申請中。ご購入時に付属します)

comment
#ハイカラットな18ktゴールドが用いられたジプシーリング。
#サンバーストの彫りに、ダイヤモンドが中央に1つ、脇に6つ手作業で彫り留めされています。
#イカリのマークは、バーミンガム検質所のシンボル。ここで18ktであることがチェックされてホールマークが押されています。
#The Anchor is the symbol of Birmingham Assay Office, which tested and marked this ring.

<金位について>
イギリスのアンティークジュエリーでしか見られない金位が9ktゴールド、12ktゴールド、15ktゴールド。
9ktゴールドは、1880-1900年頃のレイト・ヴィクトリアン期に多く用いられます。
12ktゴールドと15ktゴールドは、1854-1932年に用いられた金位。この2つは、1932年以降は14ktゴールドにとってかわります。
1854年以前のものは、そのほとんどが15ktゴールドです。
その中でも、特にハイクラスな物にだけ18ktが用いられます。