1880s UK [SOLITAIRE-RING 18kt-GOLD/DIAMOND]

1880s UK [SOLITAIRE-RING 18kt-GOLD/DIAMOND]
circa: 1880-90s (推定)
country: England

material
#ring: 18kt Yellow Gold(18金イエローゴールド)
#gem: Natural Diamond(天然ダイヤモンド)

weight: 3.75g

comment
18ktゴールドの中心に、天然ダイヤモンドが10本の爪を立ててしっかりと留められているソリティアリング。
ダイヤモンドは他のアンティーク同様オールドヨーロピアンカット。
ホールマークが無いため推定ですが、このスタイルはレイトヴィクトリアン期(1880-1900)の物。
ショルダー部分にはアールヌーボー様式の唐草模様(アラベスク模様)の彫金。

<金位について>
イギリスのアンティークジュエリーでしか見られない金位が9ktゴールド、12ktゴールド、15ktゴールド。
9ktゴールドは、1880-1900年頃のレイト・ヴィクトリアン期に多く用いられます。
12ktゴールドと15ktゴールドは、1854-1932年に用いられた金位。この2つは、1932年以降は14ktゴールドにとってかわります。
1854年以前のものは、そのほとんどが15ktゴールドです。
その中でも、特にハイクラスな物にだけ18ktが用いられます。