1970s PIERRE CARDIN [AVIATOR 52-22]

1970s PIERRE CARDIN [AVIATOR 52-22]
1970s PIERRE CARDIN[AVIATOR TORTOISESHELL/BLUE 52-22]

brand: PIERRE CARDIN (ピエール カルダン) circa: 1970s
country: France color: 22

color
#frame: Tortoiseshell
#lens: Blue

material
#frame: Acetate(アセテート)
#lens: Plastic/UV 100% Protection(プラスチック/UV100%カット)

#size: 52-22
#front: 144mm
#lens: 52mm
#bridge: 22mm
#temple: 140mm

#condition
New Old Stock(デッドストック未使用品)

#comment
PIERRE CARDIN(ピエール カルダン)は、クリスチャン・ディオールから独立し、1950年に自らのメゾンを立ち上げます。1953年には自身初オートクチュール(高級注文服)発表し、フランスのオートクチュール界の一員でありながらもプレタポルテ(高級既製服)に参入するなどビジネスにおいても勢力的で、ファッション業界のイノベーターです。

このサングラスは、1972年イギリス映画 Pulp(パルプ・邦題 悪の紳士録)で小説家役を演じたマイケル・ケインが着用していたモデル。

直線的なアビエータースタイルが男らしくダンディーな雰囲気をもつフレームですが、ハの字に広がった独特なシェイプが只者ではない怪しい感じで、小説家といっても低俗小説家役を演じたマイケル・ケインの危うい雰囲気を出すのに一役買っています。劇中で実際にマイケル・ケインが着用したフレームカラーはダークトーンで、薄いパープルのレンズが入っています。