1960s VICTORY OPTICAL [ROMAN GREY WOOD/GREEN 48-22]

1960s VICTORY OPTICAL [ROMAN GREY WOOD/GREEN 48-22]
1960s VICTORY OPTICAL [ROMAN GREY WOOD/GREEN 48-22]

brand: Victory Optical(ヴィクトリーオプティカル) circa: 1960s
country: Made in USA
model: ROMAN(ローマン)                               

color
#frame: Grey Wood
#lens: Green 50

material
#frame: American Zyl(アメリカンザイル)
#lens: Glass

#size: 48-22
#front: 140mm
#lens: 48mm
#bridge: 22mm
#temple: 155mm

#condition
New Old Stock(デッドストック未使用品)

#comment
Victory Optical(ヴィクトリーオプティカル)は、1941年ニュージャージー州ニューアークで創業されたブランド。

ヴィクトリーオプティカルはいつも強いデザインで、このフレームは極太テンプル(ローマンテンプル)が特徴です。「ボロ勝ち(ヴィクトリー)メガネ」ですからね。

この時期にウッド調といえばブラックカラーですがかなり珍しいグレーウッドカラーです。ダブルダイヤ、7枚蝶番。横長レンズでセクシーに。サイズは4サイズ、テンプルの長さは2サイズあります。

このサングラスのレンズは、ソラックザーデで入れたヴィンテージレンズです。ヴィクトリーオティカルのサングラスライン「SUNTIMERS(サンタイマーズ)」というのが当時ありましたがこれはそれではないです。

広告に書かれているようにセクシーで筋肉質なフレームです。

当時の広告を読むと…
ユリウス・カエサルよ。
古代ローマ人のフレームを、ヴィクトリーは長い時間をかけてデザインし、つくりあげた。
横長のレンズで、もっとセクシーに、もっと古代ローマ人に。
この太いテンプルを「ローマンテンプル」と呼ぼうか。古代ローマ神話のヴィーナスとマーズのように、つまり女性が恋人にするように、もこもこと頭をあったかく包み込む。
次の遠征を、大勝利(a complete Victory)で飾るために。
軍隊にヴィクトリーのローマンをかけさせよう。

と書いてあります